2017年7月22日土曜日

ユエスレオネ社会主義経済における経済活動の詳細

 ユエスレオネは、phil.2002年にユエスレオネ内戦によって勝利したユエスレオネ共産党によって一党独裁の共産主義国家となった。この社会主義経済においては、市場経済ではなく統制経済下の元で事が進んだ。つまるところ、すべての資本は国が所有するため、企業は全て国営となった。また、食事、衣服、住宅に関しては労働をする限り、無償でこれを提供した。ユエスレオネでこの環境が一年で成立したのには外部との接触が、エルフ熱パンデミック後一切なかったからであり、急速に社会主義化が進んだ。しかしながら、ハタ王国との接触、PMCFとの接触から、イェスカは民主化を含めた強硬的な経済政策であるショレゼスコを施行し、ユエスレオネは自由化を果たす。つまり、インターネットが開発され、利用され、発展するにしてもユエスレオネの強固な共産主義的国家体制は一年しか保たれていないのであり、これがインターネットの発達に影響するものと考えるとして、一年で何が出来たのかということは考察しなければならないのではないだろうか。
 考えたが、つまるところユエスレオネの共産主義的国家体制は一年しか保たれていなく、そののち社会民主主義的国家となった。ここで重要なところはショレゼスコの時点で労働組合が強い権力を持つようになり、その労働組合を統括しているのが国家であるという体制は変わっていない。これは国民の統制のために働いている機構ではないが、ユエスレオネの共産主義的国家体制の余りものとして残ったようなものである。
 共産主義体制の一年の間、では自由に経済活動が出来なかったのかというと、まあそうであるとしか答えようがない。闇市で闇金で物を買ったり、無許可で物の交換を行うことはその体制下では違法とされ、経済活動という概念自体がその一年間は崩壊した。つまるところ、ここでショレゼスコの無理やりな政策が分かってくるのだが、そのとおりショレゼスコ以降は、ハタ王国やPMCFの商人にうまいことやられてしまうのである。しかしながら、量は量、ユエスレオネ人もいつまでも馬鹿なわけでもなく、デュインという広大な土地を利用して、国家の威厳を取り戻すのである>ででででん!<

2017年7月13日木曜日

தொல்காப்பியம்翻訳(1)

தொல்காப்பியம்(トルカーッピユム)っ何よ?

தொல்காப்பியம் என்பது இன்று கிடைக்கப்பெறும் மிகப் பழைய தமிழ் இலக்கண நூலாகும்.
トルカーッピユムとは、今日において現存している最も古いタミル語の文法書である。

இது இலக்கிய வடிவிலிருக்கும் இலக்கண நூல் ஆகும்.
これは文学形式としての文法書である。

இதை எழுதியவர் தொல்காப்பியர் ஆவார்.
これを書いたのはトルカーッピヤルである。

மிகப் பழங்காலத்து நூலாக இருப்பினும், இன்றுவரை தமிழ் இலக்கண விதிகளுக்கு அடிப்படையான நூல் இதுவேயாகும்.
最も古典的な本にもかかわらず、今日書かれるタミル語文法の規則の基本的なところとなっている。

தொல்காப்பியம் 1602 நூற்பாக்களால் ஆனது.
トルカーッピユムは1602年

இது எழுத்ததிகாரம், சொல்லதிகாரம், பொருளதிகாரம் என மூன்று அதிகாரங்களாகப் பிரிக்கப்பட்டுள்ளது.
これは書く人、読む人人 強力な

இதற்குத் தொல்காப்பியர் காலத்துப் பனம்பாரனார் சிறப்புப் பாயிரம் அளித்துள்ளார்


メモ:
இலக்கிய வடிவிலிருக்கும் இலக்கண நூல்:文学形式としての文法書

2017/7/13 0:22 疲れたのでいったん保存

2017年7月10日月曜日

staller添削

・確認点

  • 「」内は造語?だと思うので添削は飛ばすこととする。
  • -'iは母音連続上では/Vj/と同じなので単母音としては発音されない(=delso'iは/del.zo.i/ではなく/del.zoj/)

Karx's pelche, chypo todelerja'i.
>渇望が身を焦がす
karxに名詞用法はないので、karxoもしくはla karxが良い。また、pelcheはデュイン方言([D:]とついている奴は大体そう)である、ここでは標準語を使っていると仮定するとcardeを使うべきである。続くchypo todelerja'iに文法・語用的間違いはない。

Lasta's styxud vel xekyd kafi'a.
>求めた欠片は光芒を失い
lastaの語義は「部分」ではなく「部分格」という格の名称である……と言おうと思ったらla-staという同義語に欠片という意味があるらしい。理語はごくまれに同音異義語が出てくるので、こういう時に焦る。続くstyxud vel節がlasta'sを修飾して「求めた欠片は」を表そうとしていると見えるが、velは受動態の語尾であるので連体形語尾としてはlex VもしくはV-enを使ったほうが良い。正しくは"Lex styxud lasta's"。続くxekyd kafi'aに文法・語用的間違いはない。

Latas mi liaxu xifandiu delso'i.
>双腕は唯虚空を掻く
latasとmiがxifandiuが取る主格語としてぶら下がっているため非文。「私の腕」であれば、mi'd latasなどと表現する。逆から修飾したい場合はlatas mi'dy。



Fudixer eska raldenarl'i.
>闇の中を藻掻く
fudixerが文頭に来ているために口語なら命令のニュアンスになるため注意。続くeska以降の節でraldenarlが-'i格になっているが、標準リパライン語は接置詞には格支配がないため-'iは不要。



Karx's pelche, chypo todelerja'i.
>渇望が身を焦がす
前述のとおり。



Harmy? Mi's ydicel la tractor'i.
>何故私は臨みを恐れ
特に問題のある点はない。



Harmy, harmy? Mi's dels mi'i......
>何故私は空虚なのか
delsは他動詞ではないので直接目的格-'iを取ることはできない。よって、少なくともむなしいと思う対象については間接目的格-'cか前置詞melsなどを使う。



「Xyark!」
>聴け
上述の通り、音声的には[ʂɥaːk]か[ʂuaːk]かな。



Lkarf's eska untirk.
>己の内の聲
「己の内の聲」という訳から考えるに、eskaは前置詞用法だと思われるが、このままでは動詞がないのでeskaの第三用法である自動詞で読まれて「己の内に聲がある」という意味になるのだが、まあ大丈夫かなあという感想が出てきた。



Dirxel's kin co styxud'i.
>望みが心を示す
styxudの名詞用法は無いので前述のようにstyxudoかla styxudで、coが意味上の主語の場合は主格に-tを付けて従属節を作る動詞が取っている名詞であることを表すため、正しくはco'st styxudo'iかco'st la styxud'i。



Ydicel siteeno'i, jol eska kafi'a,
>孤独を忌避し、そして光へ
一文中で助動詞を変える場合はeo lex(elx)が必要なので、siteeno'iのあとは,ではなく.を打つべき。後ろの方で動詞が存在しないため、eskaは動詞用法として読まれる。



「Sttelar」
>堕ちていく
上述の通り、音声的には[stːelaː]になる。


Lkarf's eska untirk.
>己の内の聲
前述のとおり。

filenavefir's snuvod, niacicenes.
>砕け、反転する旭光
極光のtypoだったか……
-'sは主格語尾なので対象が極光(つまり、「極光を砕け」)ならば-'iにする。動詞snuvodに挟まれて形容詞が置かれているというロシア語みたいな状況になっているが、リパライン語は名詞・形容詞の数格性一致が無いのでこんなアクロバティックなことができず、せいぜい後置をあらわす-jがあるくらいである。あと、snuvodが命令であることが明示されていないので、"snuvod filenavefir's niacicenesj"か"snuvod niacicenes filenavefir's"がよい。
snuvodは自動詞で、niacicenesは普通にniacicenの-es動詞化だった。眠い(言い訳)

unde'i veles kark, me's
>変遷し、渇望した世界へ
多分、karkはkarxのtypo。
velesが動詞を取るときは動詞の形態は動名詞になるのでveles karxoが正しい。me'sは多分mi'sのtypo、コンマやピリオドを打たないなら、続くsttelarで意味的には解決されるので問題はない。

「Sttelar」
>堕ちていく
前述のとおり。

※原詩・訳詩はリプ画像を直接移した。



2017年7月9日日曜日

第九課スキット


Xouta:E es murtmirm'd facelerca fal yuesleone lu?

Kantier:Canxanpanqa'd lartasnej li mol ly ja.

Xouta: Harmue ler xedirxel larta klie?

Kantier:Xedirxelon klie el naa'ra fon hata.

Xouta:Mal, sisse'd kakitesesnoj es murtmirm?

Kantier:Siss mol facelerca'd 50'd adileium.

Xouta:Cirla? Mi nalve lu!

---

ショウタ:ユエスレオネの移民の数はどれくらいですか?

教師:100万人ほどらしいです。

ショウタ:主にどこから来ているのですか?

教師:主にはハタ王国から来ています。

ショウタ:それで彼らの割合はどれくらいですか?

教師:彼らは5割ほどですね。

---

murtmirm いくつ
facelerca 移民
yuesleone ユエスレオネ
canxanpanqa 100万人
lartasnej 人口
li ~ほどの
ly らしい
harmue どこ
ler から
xedirxel 主要
larta 人
klie 来る
xedirxelon 主に
el ~から
naa'ra fon hata ハタ王国
kakitesesnoj 割合
adileium パーセント
nalve 驚く

2017年7月7日金曜日

第八課スキット


Jumirle:Lecu mi dosyt mors zelx selene co karx ti!

Xouta:Cirla lu? Pa, la lex is jeie mag sudiest niv lu ja.

Jumirle:Es dlerngn! Nastarli es co'd lexissnen dea ti!

Xouta:Hnn, pa selene mi fav karx niv.

Jumirle:Agesquik niv ti! Jei, vonserna diepojastan'd laaxm les aceslen mors!

En'iareser:E... e karx les aceslen werlfurpu'd laaxem lu?

Jumirle:Ja, shrlo jeteson vonserna ti!

---

ユミーレ:なんでも君の欲しいものを買ってあげるわよ!

ショウタ:本当ですか?でも、迷惑だからいいですよ。

ユミーレ:遠慮しないで!今日はあなたの誕生日なんだから!

ショウタ:うーん、でも欲しいものってないからなあ。

ユミーレ:そんなことないでしょ!ほら、この店で一番高いもんを持ってきてよ!

従業員:えっと……最も高価なウェールフープ機器ですか?

ユミーレ:そうよ、早く持って来なさい!

---

lecu ~しよう
dosyt 買う
mors もの
zelx zu elxの省略語
karx 望む
ti ~だわ(女性相位)
cirla 本当
lu ~です(敬語相位)
is なる
jeie 迷惑
sudiest 必要である
ja ~だよ(相位詞)
dlerngn 不躾な
nastarli (起きてから寝るまでの間の)今日
lexissnen 誕生日
dea ~だ(強調相位詞)
hnn ええと
fav 何すら
agesquik 冗談を言う
jei ねえ、ちょっと
vonserna 運ぶ
diepojastan この店
laaxm 機械
les aceslen 最も高価に見える
mors もの
werlfurp ウェールフープ
jeteson 早く

2017年7月4日火曜日

第七課スキット



Xouta:Kanti jurli io lex lkurf lkurftless plax.

Kantier:Yrgokk adit ai'r, vefise es jurlet lkurftless fal jurli.

Xouta:Lineparinesti?

Kantier:Ja, lineparine jexi'ert es les jurlet fal jurli.

Xouta:Jexi'ert, Cun, ny giriccen elmen'iars zu eo lex selene en'iares fal yuesleone eo lex deliu lersse lineparine.

Kantier:Ja, jexi'ert. Selene co tidest ete'd fhasfa?

Xouta:Niv, xace kantiersti.

---

ショウタ:連邦影響圏で話される言語について教えてください。

教師:ユーゴック語とアイル語、ヴェフィス語は連邦影響圏では重要な言語ですね。

ショウタ:リパライン語は?

教師:うん、リパライン語は連邦影響圏で一番重要な言語であることは自明だから。

ショウタ:たしかに、外国人労働者がユエスレオネで働こうと思ったらリパライン語を学ばなくてはならないですよね。

教師:そうですね。他に訊きたいことはありますか?

ショウタ:いいえ、ありがとうございました先生。

---
kanti 教える
jurli 連邦影響圏
io ~で
lex (動詞連体形を表す前置詞)
lkurf 話す
lkurftless 言語
kantier 教師
yrgokk ユーゴック語
adit ~と~(,で並列するときはこちらを使う)
ai'r アイル語
vefise ヴェフィス語
jurlet 重要な
jexi'ert 明らかな、明らかに
les jurlet 最も重要な
cun なぜなら
ny giriccen elmen'iars 外国人労働者
zu (関係詞)
eo lex (助動詞の効果を切る接続節)
yuesleone ユエスレオネ連邦
lersse 学ぶ
tidest 訊く
et 他
fhasfa 何か

2017年7月1日土曜日

第六課スキット


Xouta:Salarua, kladi'asti. Mi xel la farkzirvhi'c fal co.

Kladi'a:Ja, Edioll liaxa mi lanxerva lusus lasvinielet.

Lexerl:Mili xouta's! Kladi'a es mi'd stynur. Mag shrlo dekut niv ci'tj!

Xouta:Harmae si es?

Kladi'a:Si es movi mag mi aubes xelnkano.

Lexerl:Mi rerx xouta. Elm cerke leus!

Xouta:Arjer...... Mi firlex niv cerke'd niukirna.

---

ショウタ:こんにちは、クラディア。好調そうだね。

クラディア:うん、やっと宿題が終わったの。

レシェール:待て、ショウタ!クラディアは俺の彼女だから、彼女とはしゃべるな!

ショウタ:こいつ誰?

クラディア:彼は馬鹿だから、ほっといたほうがいいわ。

レシェール:決闘しろ、ショウタ!机戦で勝負だ!

ショウタ:えぇ……机戦のルール知らないんだけど……。

---

-sti ~よ(呼びかけ)
xel 見る 感じる
ja はい
edioll liaxa ~した(過去完了)
lanxerva やっとのことで
lusus 終わる、終わらせる
lasvinielet 宿題
mili 待つ
stynur ガールフレンド
mag だから
shrlo ~しろ
dekut 喋る、おしゃべりする
-'tj ~と共に
harmae 誰
movi 馬鹿
xelnkano 無視
rerx 決闘する
elm 戦う
cerke 机戦(パイグ将棋とも呼ばれるボードゲームの一種)
leus ~を使って
arjer えっと
niukirna 法、ルール